まったりトローリング |

大成功の船釣りデビュー

現在58歳になりますが、20歳から45歳までは磯釣り一筋。

千葉の外房・出張先の北陸をホームグラウンドにしていました。
北陸の黒鯛釣りは、離岸堤(沖のテトラポットの集合体)に上がっての夜釣りです。

外房では主にメジナ釣りです。
天津小湊がホームグラウンドで、こちらは渡船を使っての沖磯釣り。

いずれにせよ、半日以上平らな足場のない所で立ちっぱなしで釣る訳ですから、体力が基本。
夜釣りは暗いテトラポット上を移動するので、目も良くないと危険です。

八丈島遠征も含めてかれこれ20年以上はまっていた磯釣りですが、体力の衰えと老眼の始まりをきっかけに引退する事に決めました。
数年はゴルフにはまりましたが、釣りたて鮮度の魚が恋しくて、危険のない船釣りを再開しました。

先日おそるおそる釣船に予約を入れ、良く釣れているホウボウ釣りに行ってきました。
磯釣りとは勝手が違い(竿短い・底釣り・隣と近いなど)戸惑いもありましたが、当たりを取って合わせて釣り上げる事に変わりはなく、50cm級を5本釣ることができました。
心配だった船酔いも、いい飲み薬のおかげで全く問題ありませんでした。

帰宅後3日間、刺し身・鍋・唐揚げ・煮魚・潮汁で堪能しました。
ホウボウはクセが無く、しっかりダシが出るので何で食べても美味しい魚ですね。

やはり釣った魚は格別で、次は真鯛がいいかなぁと妄想しています。
孫の2歳の誕生日に、真鯛の尾頭付きを食べるのが当面の目標です。

SEO|クレジットカード|フィッシュグリップの使い方|マッサージ|健康マニア|Page Rank KING|WordPress|カート設置|お家の見直し|お尻が痛くない驚きのエアークッション|女性向けエステ|看護師 転職|童話集|毎日新聞|

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする