ティップランエギングで手堅くイカをゲット! | まったりトローリング

ティップランエギングで手堅くイカをゲット!

堤防や磯から主にアオリイカを狙うルアー釣りのエギング。

シャクリとフォールでイカを誘うならではの楽しさがありますが、イカが深場に落ちてしまう低水温期はどんなに頑張っても釣れません。

せっかくイカが大きく育っているにも関わらず、指をくわえて待つしか無いのはちょっとさみし過ぎます。

そこで、船で深場を狙うエギングの一種、ティップランエギンにチャレンジしてみてはいかがでしょうか?

ティップランエギングをするには専用の竿と餌木は必要ですが、リールは手持ちのエギング用のリールを流用できます。

釣り方は、真下に餌木を落として素早くシャクって底まで落とすだけ。
しかし船はアンカーを降ろさずに風と潮の流れに乗っているので、真下でシャクったにも関わらず餌木が潮の流れに乗って広範囲に探ることができるのです。

基本的には底を釣るエギングなので、アオリイカのほかにコウイカやタコも釣れます。
冬はアオリイカよりもコウイカのほうが活性が高く、アオリイカ以上に釣れることも。

陸っぱりからでは望めないような好釣果が期待できるおもしろい釣りですよ!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする