日本海に浮かぶ島根県隠岐の島の一流スポット | まったりトローリング

日本海に浮かぶ島根県隠岐の島の一流スポット

島根県の沖合にうかぶ人口1万5000人ほどの島の隠岐の島町。

この島には磯釣りの一流スポットが数多くあるのです。
都万の大森島に大久のカビ島など、磯釣り師なら知る一流スポットとは別にまだまだあります。

私が紹介するのは布施の小黒島です。

この布施という地域にある島はたくさんあり、グレに真鯛にヒラマサにブリにイサキにチヌにとなんでも釣れるのです。

しかもこの島々には魔物がいます。
魔物とは姿が見えない大型の魚です。
姿が見えないというのは、姿を見る事ができなかった、すなわち針に掛かっても釣り上げる事ができなかった、簡単に姿を見せない魚にやられた!ということなんです。

一度だけその小黒島であるホントにここ!ってスポットでだけウキがガバッと入るポイントがあり、そこであげることができたのはグレの48はセンチ。
そこまでが限界でした。

じつはそれ以上のものがやってきた時は針を曲げられたり、糸を切られたりとされたのです。
針を曲げられた時は固い尾長グレの針を使っていたのですが、それも通用しませんでした。

その時は波や風があってそのポイントだけ風裏になり、小さい島なのでそこに潮溜まりができるポイントだったのです。
そんな好条件だったから尚更なんでしょう。
実はその数日後に私の話を聞いて、そのポイントで釣りをした人がいたそうですが、やっぱり簡単にやられたそうです。

日本海に浮かぶ島根県隠岐の島。
まさにこの島には、姿を現さない化け物が海の底にいるのは間違いないです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする