魚釣りの醍醐味の一つは差sかなを美味しく頂く事 | まったりトローリング

魚釣りの醍醐味の一つは差sかなを美味しく頂く事

多くの方がさまざまな事を趣味事とされていらっしゃいます。

その趣味事の中には「魚釣り」があります。

気長にヒットする時間を待つ事が好きな方や、大物を釣り上げたいという願望を持つために行っている等さまざまな目的で魚釣りは行えます。

そんな魚釣りには釣ったさかなを美味しく頂くという醍醐味もあります。

今回は釣ったさかなを美味しく食べる料理についてご紹介します。

まずお酒のお供は勿論、ご飯にもピッタリな「なめろう」です。

新鮮な魚を包丁で細かく刻んだら、摩り下ろしたショウガ、刻んだネギや大葉と一緒にさらに細かく刻んでいきます。

味付けには魚の臭みを取る日本酒と味噌を使用します。

そして魚や具材とよく混ぜ合わせたら「なめろう」の完成です。

新鮮な魚の脂や旨味が味噌とマッチしてお酒のお供や白いご飯とよく合う絶品となっています。

ショウガや大葉、ネギがサッパリ感を出してくれる事で諄さやしつこさが全くなく味わう事が出来ます。

元々は漁師飯の定番ともなっていましたが、美味しくて新鮮な魚があればご家庭でも簡単に作れる料理となっています。

新鮮な魚であれば何でも合いますが、青魚はバツグンの相性となっているので魚釣りを趣味としている方にお勧めとなっています。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする