クロダイ大漁!これって反則?? | まったりトローリング

クロダイ大漁!これって反則??

クロダイと言えば、メジナと並ぶ磯上物釣りのメインターゲットですね。

4月後半の春先ともなれば、乗っ込みと言って産卵期を迎えたクロダイの雌が浅場に集まって来ます。
千葉の内房の磯には、それを狙った磯釣り師が所狭しと竿を出します。

確かに浅場に魚は多いとは言え、この釣り師の数です。
単純に確率から言っても釣れる可能性は少ないのでは?と思って釣り情報を漁っていると、クロダイ狙いの沖釣り船を発見。早速釣行にでかけました。

釣り方はコマセ真鯛とほぼ同じで、違いと言えば若干ハリスが短い事くらい。
出船すると、さすがは乗っ込み時期だけあって沖磯から2~300m離れた程度の近いポイントです。

振り向けば磯にはワンサカと釣り師が並んでいるのが見えます。
下手に誘わないで置き竿にしといた方が反応出るよとアドバイスをいただき、一時は大型クロダイが入れ食いに。釣果は45cm~50cmの良型が8枚釣れました。

帰宅後さっそく魚をさばきましたが、全部雄で白子がパンパンでした。
雌の産卵を待って沖で待機してた、乗っ込み時期ならではの荒食いする雄を船でバンバン釣り上げちゃったわけです。
白子はホイル包み焼きで美味しくいただきました。

釣果は満足ですが、何か反則っぽいなぁと思える大漁釣行でした。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする