サビキ釣り、更に大漁のコツ | まったりトローリング

サビキ釣り、更に大漁のコツ

今日は久し振りに、妻と一緒に海へ「小あじ」釣りに行って来ました。
尺アジシーズンが過ぎ、小物釣りがメインになってくるこの時期、ファミリーフィッシングには最適な時期ではないでしょうか!!

今回はサビキで「小あじ」釣りの紹介です。

<タックル>
竿・・・防波堤釣りによく使う4.3mのちょい投げ竿

ライン・・・ナイロン12lb(サビキですので、何でもOK!!)

仕掛け・・・サビキ8本針5号(白スキン・ピンクスキン)

餌・・・・冷凍アミエビ2kg

釣り場は家族で行っても安全な漁港です。
出来れば潮の流れが効いている所が良いです。
(潮の良くない日でも、地形上流れが出る様な場所)

<釣り方>
タックルをセッティングし終わった仕掛けに、アミエビをコマセ籠に入れ海へ投入!!これだけです(笑)

ですが、サビキにも釣れるコツがあります!!

釣りに来ている「おじさん」方の釣りなどを見ていると、「今日は釣れないねぇ・・・」「お兄ちゃんだけなんで釣れるんだ!!」など良く耳にしますよね!!

サビキにも簡単ではありますが、コツがあるんです!!

仕掛けを投入した後、上記の様に仰る方々は大体の方が、竿を放置しております。
サビキ釣りも「餌」は使いますが、ルアーフィッシングと餌釣りのハイブリッドとお考え頂ければ解りやすいかもしれません。

ルアー釣りでは、ルアーを動かさないと釣れない様に、サビキ釣りもサビキと言う名の大量に付いたルアーを動かす必要があります。
しかも餌付きですので、動かさないと釣れません!!

仕掛けを海に投入した後、必ず「底取り」をします。底を取ったら、リール2回転づつ竿をしゃくりながら巻いてきます。

1回目の仕掛け投入は餌巻きと考えて下さい。
餌をふんだんに撒き、魚を自分の仕掛けの所に執着させます。
魚は周りのサビキ仕掛けにより、餌ボケしています。
本能から、餌のより多い所に集まります!!

魚を集めたらこっちの物です!!

釣れる棚を探りながら、サビキ釣りを楽しんで下さい(笑)
面白いほど釣れます。

※この方法は良く釣れますが、餌の減りも早いので、餌を多めに持って行く事をお勧めします※

何だかんだで、小さいクーラーが程よくいっぱいになったので、納竿しました。
是非皆さんもサビキ釣りを楽しんで下さい!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする