桧原湖バス釣りロッド選び | まったりトローリング

桧原湖バス釣りロッド選び

私が通年ボートフィッシングで持っていくロッド、エッジプライドEPGS-600をご紹介したいと思います。

かなり古いロッドですが、古さを感じないデザイン、軽さ、感度、張り、大型の魚を掛けてからの粘り、ウルトラライトクラスでは替えの利かない唯一無二のロッドです。

使用するリグですが、ノーシンカー、ジグヘッド、スモラバ、ダウンショット、蝉プラグなどの軽めのプラグをキャストしたい時に使っています。
主に1g~5gのルアーと言ったところでしょうか。

中でも、ダウンショットリグでの使用頻度は高く、タフコンディション下のショートバイトでもしっかりアタリをとれますし、水深8m以上のディープでもロッド自体でアタリを取れてしまいます。
なにより軽さのお陰で、一日中シェイクしていても腱鞘炎にならず、釣りに集中できるので、おのずと釣果もあがります。

このロッドの泣き所であるグリップ部の剥げは、共に戦ってきた証として誇らしげに思っております。
もう一度デザイナーさんに戻ってきて頂いて再販を願うばかりです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする