日本人には馴染みの高級魚 マダイの船釣り | まったりトローリング

日本人には馴染みの高級魚 マダイの船釣り

マダイは日本人にはなじみが深い魚ですね。
でも、この魚は釣りでも人気があるのです。
その風格と美しさ、針掛かりした後の強烈な引き、味もおいしくて沖釣りの代表的な魚です。

ここではマダイの船釣りでコマセ釣りについて解説します。

・船からのコマセ釣り

ほぼ周年釣れます。
冬季は沖の水深50mから90m、水温が20度近くになると水深20mから60mの岩礁の周りを主に狙います。

外洋に面している潮どおりがよいところがポイントです。
とくには朝や夕方のまづめ時によくエサを追いかけます。

東日本ではポイント上をうまく船が通過するように流し釣りをして、西日本ではポイントの潮上に船をとめて、ウキを使い仕掛けがポイント上を通過するような釣り方をします。

ですから東日本では流し釣り、西日本ではかかり釣りになります。

・釣り方

仕掛けは東日本のコマセ釣りは、胴調子の長めの竿を使います。
長さは3mから3.9mでおもりの負荷は50号から60号です。
沖ざおにして使用するケースが多く、ビシは80号から100号を使用します。

エサには沖アミを2尾抱き合わせて、コマセカゴには沖アミかアミエビを入れて使います。

船長からタナの支持がありますが、地域によって海面から○○mとか、海底から○○mと二通りあります。
いずれにせよ支持されたタナを守るようにしましょう。

そしてコマセカゴをそのタナに合わせます。
タナにコマセカゴが入れば1回から2回ゆっくり竿をゆっくりあおり、船べりにセットしたロッドホルダーに竿を固定して、置きザオでアタリを待ちます。

その後1分から2分おきに竿を軽くあおりますが、船の揺れに任せた誘いをかけましょう。
3分から5分くらいでコマセカゴのエサがが空になるので、アタリがなくてもいったん仕掛けを上にあげて、コマセを入れかえるようしましょう。

マダイといえば日本では高級魚。
これを自分の手で釣り上げてから食べる喜びは格別でしょう。
今度の週末にでも真鯛の船釣りに行ってみてはどうですか?

人気ランキング上位のフィッシュグリップを使って釣った真鯛の写真を是非SNSにアップしてみてください。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする