春のバスの動き。 釣り人への一言! | まったりトローリング

春のバスの動き。 釣り人への一言!

春も過ぎ、夏に向けて暑くなってきましたね…

暖かくなったし釣りに行こう!
そう思う方が多いかと思われます。

最近、バス釣りブームがさらに加速してアングラーの数もいっぱいに!!
野池に行ったら投げる場所がないΣ(・□・;)なんて経験をした方もいるかと思います。。

釣りを楽しむ人が増えた

それはすごい良い事だと思います!

そこで釣りをもっと楽しく、そして釣りへの愛情がもっと増えるように一つアドバイスと願いを聞いて下さい!

ブラックバスにとって「春」とはスポーニング(産卵)1年で最も大切な季節になります!
バスは浅瀬のハードボトムで産卵を行う事が多いのですが、皆さんはご覧になった事はありますか?

オスとメスがペアになり、ある一定の場所で産卵を行うのですが、浅瀬と言う事もあり人の手も届く場所で行われる事が多いのです…
釣りに来て、魚が見えたらすぐさまルアーを投げたくなると思いますが魚にとったらすごいストレスになるのでそこは見守ってあげて下さい!

外来種駆除!と世間では騒がれていますが、それは釣り人のゴミの問題などで過剰になっているのだと思います。
釣りが好きな方は是非魚を保護してあげて下さい!

そして、ゴミは捨てない!と言うのが当たり前ですが、それが出来ない方も多々いるようです…
今後のフィッシングライフを楽しむ為にも身の回りにワームの袋やライン、フックなど落ちていたら一つでも良いので拾って下さい!

ゴミを拾ったらバスが釣れるかも!
なんて思いながらやってみるのも良いかもしれませんね!

それでは素敵なフィッシングライフを!!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする