磯釣りでは超メジャー クロダイのウキ釣りとは | まったりトローリング

磯釣りでは超メジャー クロダイのウキ釣りとは

クロダイ釣りは磯釣りでは代表的な釣りですね。
クロダイは周年を通して釣る事ができますが、初夏と秋が最も釣りやすいです。そろそろその時期ですね。

クロダイ釣りにはウキ釣り、ミャク釣り、団子釣りなどいろいろありますが、ここではウキ釣りについて勉強しましょう。

・釣り場
堤防釣りでは潮通しが良い漁港の堤防、沖の離れ堤防などで貝類がたくさん付着していたり、カニ類が住んでいるところが釣り場になります。
磯釣りでは外洋に面していて荒波が打ち寄せてくる磯よりは、湾内や港の堤防につながる自然の磯などによくいます。
堤防も磯も沖のすみ潮に洗われるところより、湾内からのにごり潮が入ってきている所が狙い目です。

・ウキ釣りの仕掛け
4.8mから5.4mの磯ザオ1.5号クラスに中型のスピニングリールを組み合わせて、ウキは玉ウキとか棒ウキを使います。

・えさ
一番簡単に手に入るのがオキアミです。
付けエサにもコマセエサにも使えます。
他には昔からよく使われてきたイワイソメとかサナギ、モエビ、カニなどです。

・ウキ釣りで釣る時
堤防では少し沖めにポイントがある時に使います。
磯釣りではウキ釣りは最もポピュラーといえるでしょう。

堤防、磯ともに水深はいろいろですが、基本的には底すれすれにエサが這うようにウキ下を調整します。
アタリに関してはウキが動いたかどうか分からない微妙なものから、一気にウキを引き込む明らかなアタリまであります。
ウキの動きに異変があれば鋭く竿を立てて合わせてみましょう。

クロダイは強い引きの後に動きが止まるので、その隙にリールを巻きましょう。これを繰り返してください。
最後はタモを入れて取り込むとよいでしょう。

磯釣りでは人気のクロダイ。磯釣りをする人にはやはり避けては通れないメジャーな釣りでしょう。
そろそろクロダイの時期なので釣りの予定に組み込んでみてはいかがですか。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする