タチウオは船からジギングで狙える? | まったりトローリング

タチウオは船からジギングで狙える?

ジギングの釣りで古くから東京湾で親しまれてきたのが、タチウオ釣り。
ジグには2本のカットウバリが付いていて、タチウオ専用のものでカットウ釣りとも言われます。
ルアーフィッシングのさきがけとも言われます。

タチウオ釣りに使用するジグですが、ケース付きのメタルジグがおすすめですが、今回は日本古来のタチウオジグを使用します。
タチウオは貪欲なフィッシュイーターで動くものには素早く反応します。
いったんエサを口にすれば活発な動きを見せます。
また、船釣りでのルアーフィッシングでも絶好のターゲットになります。

・船からのルアーフィッシング
 釣り場は夏から秋がシーズンになります。
水深は100m前後の泥砂地に群れをなして、夜になると表層の小魚を追って浮上してきます。

タックルはタチウオジクを使う場合にはおもり負荷30号程度の先調子竿に中型の両軸リールを組み合わせます。
メタルジグを使用するときにはミドルクラスの竿に中型スピニングリールでもかまいません。

・釣り方
 船がポイントに突入したら、少し前方にジグを沈めましょう。
指示されたタナから数メートル下から竿を3秒間隔であおって、ポンピングの要領でリーリングしながら狙います。

アタリは突然ガツッとくるので鋭く大きめに合わせて、道糸がたるむ事がないようにリーリングします。

また、タチウオはジグを沈める途中に食いつく事もありますから、道糸がたるんだりしたら即座に大きく合わせるようにしましょう。
タチウオは歯が鋭いですから針を外す時にはペンチを使用するなど十分に注意して釣るようにしましょう。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする