進化する磯のグレ釣り | まったりトローリング

進化する磯のグレ釣り

磯のグレ釣りを始めたのは自分が15歳の頃でした。今から40年以上も昔のことです。
当時はサラシ場に撒き餌を打ち、仕掛けを投入し潮に乗せて流してゆくという釣りでした。

グレは今より沢山居たでしょうが、そんなに釣れませんでした。
そのころ2回目の四国西南部の大グレブームがやってきました。
今では考えられないような4号ハリスという大仕掛けで挑んでいました。
それでもあまり釣れませんでしたし、今のように尾長グレが連発なんてこともありませんでした。

その後グレ釣りは徐々に進化し始めます。
水中浮きや沈む浮きなども登場しました。

同時に竿は軽くなりリールも小さくなりました。糸も強くなりました。
それでもグレはそんなに釣れませんでした。
1回でけ高知県沖ノ島で30~48cmの口太グレの入れ食いに遭いました。

クーラーと麻袋がいっぱいになり12時にやめて昼寝しました。
しかしこんな時代でも大きな尾長グレは稀にしか釣れませんでした。

さて現在はどうでしょう。高知県の沖ノ島や鵜来島では、尾長グレは養殖場のように撒き餌に居つき、釣り人から見えています。
その見えている大グレを見釣りする時代です。

いかにして刺し餌を食わすのかを見ながら釣る釣りに変わっています。
私達のように昔のままの釣りではほとんど釣れなくなりました。

磯釣りを始めた頃の、磯は何が食うかわからない!というようなワクワクする期待感がなくなった気がします。
この潮に乗せてあの沖には何が居るか?これが磯釣りだと思うのですが。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする